for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:トヨタなど自動車株が軒並み高、今期「記録的利益」とJPモルガンが指摘

[東京 1日 ロイター] - トヨタ自動車など、自動車株が軒並み高となっている。日本の自動車メーカーが今年、記録的な利益を計上する可能性が高いとJPモルガンが指摘したことが手掛かりになっている。足元で、トヨタが3%高、日産自動車が4%超高、ホンダが2%超高などとなっている。

物価上昇に対応した価格引き上げやコスト削減に取り組んでいるためという。市場では「このところ生産調整などネガティブな話が目立っていただけに、前向きな見方が出てくると買いやすくなる」(国内証券)との声が出ている。

JPモルガンは、日本のメーカー(OEM)の自動車1台あたり原材料費上昇は、値上げと一部生産関連費用の削減で80%─90%緩和されると予想。「堅調な需要だけでなく、日本のOEMブランド力を背景に、特に北米で製品価格の引き上げが進むと考えられる」と指摘している。トヨタ自動車について、インフレが収益を圧迫すると懸念される中、生産回復や価格面の立ち位置を踏まえ、投資評価を「ニュートラル」から「オーバーウエート」に引き上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up