August 7, 2018 / 12:14 AM / 12 days ago

ホットストック:パイオニア大幅安、「継続企業の前提に重要な疑義」と開示

[東京 7日 ロイター] - パイオニアが大幅安。同社が6日発表した2018年4─6月期の連結業績は、純損益が66億6300万円の赤字だった。前年同期は20億3500万円の赤字。欧州企業との特許ライセンス契約に関して、訴訟関連費用などの特別損失を計上している。

また同社は経営改善計画の提示やOEM(相手先ブランドによる生産)事業の抜本的な見直しに向けた具体化作業が遅延しており、現時点で取引銀行から借り換えの合意が得られていないとして、「継続企業の前提に重要な疑義が存在」していると開示。経営の先行き不透明感が強まったとの受け止めから、売り注文が集まっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below