February 4, 2020 / 12:39 AM / 17 days ago

ホットストック:パナソニックは大幅反発、テスラ向け事業の黒字化を好感

[東京 4日 ロイター] - パナソニックは大幅反発。午前9時30分現在、7.5%超高で推移している。梅田博和CFO(最高財務責任者)は3日、決算会見で米電気自動車(EV)メーカーのテスラ向け米電池工場が四半期ベースで初めて黒字化したと発表、好感されている。

市場からは「決算の内容はそこまで良かったわけではないので、この大幅高はやや違和感がある。ただ、テスラの株価は大幅に上昇し続けているので、ある程度期待感は持てる」との声が出ていた。

2019年10─12月期業績(国際会計基準)は前年同期比で増益となっており、テスラとの協業の改善も寄与した。海外では車載電池が伸長した一方、テレビの苦戦や中国市況悪化の影響を受けた車載機器などの販売減で売り上げが落ち込み、4─12月期の営業利益は前年比17.8%減の2406億円、売上高は同5.4%減の5兆7556億円となった。2020年3月期の業績予想は営業利益予想が前年比27.1%減の3000億円で、据え置いている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below