for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:ファーストリテが後場に下げ幅拡大、年初来安値を更新

[東京 30日 ロイター] - ファーストリテイリングが後場に入って大幅下落しており、10月25日に付けた年初来安値6万9230円を割り込んだ。会社自体に関する新たな悪材料が出たわけではないものの、指数寄与度が大きいために、インデックス売りが活発化しているとの観測から下げ足を速めた。同社だけで日経平均を80円以上、押し下げる要因となり、相場全体の重しとなっている。

同様に、日経平均への寄与度が大きいソフトバンクグループもさえない。

市場では「引け後にMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が定期銘柄入れ替えを行うのに伴い2000億円超の資金流出が観測されていることを背景に、インデックス・ファンドの売り需要が拡大しているようだ」(国内証券)との声も聞かれた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up