Reuters logo
ホットストック:ヤマトHDが急反落、中期経営計画受けコスト負担増を意識
2017年9月29日 / 00:23 / 21日前

ホットストック:ヤマトHDが急反落、中期経営計画受けコスト負担増を意識

[東京 29日 ロイター] - ヤマトホールディングスが急反落。28日、2019年度の連結営業収益1兆6700億円(16年度実績1兆4688億円)、営業利益720億円(同348億円)とする中期経営計画を発表した。営業利益率は16年度の3.4%から19年度には4.3%に上昇する見込み。

一方、3年間で経常投資は2000億円、デジタルイノベーションや外部企業とのアライアンス、働き方改革などの成長投資に1500億円を計画している。前日には米アマゾン・ドット・コムとの運賃交渉で値上げすることで大筋合意したことが分かったと報じられ株価は上昇したが、中期計画発表を受けコスト負担の増加などが改めて意識される格好となり、売りに押されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below