August 29, 2019 / 1:12 AM / in 25 days

ホットストック:リクルートは大幅安、株式売り出しで需給悪化懸念

[東京 29日 ロイター] - リクルートホールディングスは大幅安。午前10時05分時点で、東証1部値下がり率3位となっている。28日に同社の株主13社が持つ政策保有株を最大1億2150万株(発行済株式数の約7.16%)売り出すと発表し需給悪化が懸念されている。

28日終値の3313円をベースにするとオファリング総額は4025億2950万円となる。同社は同時に最大800億円の自社株買いを発表したが、市場からは「売り出しに対して自社株買いは限定的。就活サイト『リクナビ』の運営の問題も嫌気されており、ダブルパンチだ」(ネット系証券)との声が出ていた。

売却価格は9月10から12日までの終値を基準に算出するとしている。「それまでに株価を下げておきたいと考える向きもいるのではないか」(国内証券)との見方も出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below