for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:三菱ガス化学が昨年来高値を更新、日本ユピカへのTOBを材料視

[東京 6日 ロイター] - 三菱ガス化学が昨年2月14日に付けた昨年来高値1815円を約1年ぶりに更新した。グループの日本ユピカをTOB(株式公開買い付け)すると発表したことが材料視されている。

同社は5日、約46%の株式を保有する日本ユピカを連結子会社にすると発表した。合わせてTOBを6日から実施、出資比率を3分の2以上70%以下になるように引き上げ、残りの株数は東洋紡が保有し、日本ユピカは上場廃止となる見通し。TOB価格は1株あたり3000円で取得額は約26億円、3月23日まで買い付け期間としている。

日本ユピカは樹脂材料に強みを持ち、三菱ガス化学は原料の供給面や販売面でグループ経営の効率化を図るとみられる。

5日の終値が2051円だった日本ユピカは、TOB価格にサヤ寄せする形で、買い気配となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up