for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:三菱重が高寄り後値を消す、赤字決算受け上値重い状態続く

[東京 4日 ロイター] - 三菱重工業が高寄りした後、値を消した。全体の地合い好転から買い優勢で始まったものの、4─6月期決算で赤字決算を余儀なくされたことから、上値が重い状態が続いている。

同社は3日、2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す事業損益が713億円の赤字(前年同期は404億円の黒字)となったと発表した。カナダ航空機大手ボンバルディアの小型旅客機「CRJ」事業の買収に伴うのれんの減損や、ジェット旅客機「スペースジェット」の開発体制縮小に伴う損失が響いた。純損益は579億円の赤字(同163億円の黒字)だった。

CRJ事業買収に伴うのれんの減損を含めたスペースジェット事業の損失として688億円を計上した。売上高に相当する売上収益は前年同期比15.4%減の7780億円だった。21年3月期の通期業績予想は据え置いた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up