for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:丸井Gは年初来高値更新、自社株消却の発表を好感

[東京 12日 ロイター] - 丸井グループは大幅に続伸し、年初来高値(2358円=11月8日)を更新した。現在5%超高の2360円近辺での推移となっている。11日に発表した通期営業利益予想は据え置いたものの、自社株消却を実施すると同時に発表したことが好感されている。

市場では「自社株消却によって1株あたりの価値が上昇することが期待されている。丸井グループは小売のイメージが強いが、実質はクレジットカード会社。業績に対する警戒感もあまりない」(国内証券)との声が聞かれる。

同社は発行済み株式総数の6.71%に相当する1500万株を11月30日に消却する。

2022年3月期の連結業績予想(日本基準)で、営業利益は365億円(前期比139.8%増)に据え置いた。第2・四半期(4─9月期)の連結業績で、営業利益は前年同期比2%高の211億円。フィンテックセグメントでのカードクレジット取扱高が全体をけん引したことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大にともない約2か月休業した前期と比較して小売の客数が増加したことで、グループ総取扱高は過去最高となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up