for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:任天堂が急反落、21年3月期営業減益予想に失望感

[東京 8日 ロイター] - 任天堂が急反落している。同社は7日、2021年3月期の連結営業利益見通しについて前年比14.9%減の3000億円になりそうだと発表。これまで、巣ごもり関連株として、期待感が大きかっただけに減益予想が失望感を誘う格好となった。

会社側によると、ゲーム機「スイッチ」の販売数について、好調だった前期実績より少なく予想しているほか、為替円高の影響を見込んでいる。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は3778億円。

同社の業績予想は、新型コロナウイルスの影響が夏には終息に向かい、通常の経済活動に戻るとの前提に基づいている。コロナの影響で生産・販売数量の減少が一定期間見込まれるが、通期では需要に応じた生産・販売が可能としている。

売上高予想は同8.3%減の1兆2000億円、当期利益予想は同22.7%減の2000億円とした。前提為替レートは1ドル105円、1ユーロ115円。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up