August 9, 2018 / 12:42 AM / 4 months ago

ホットストック:住友鉱が年初来安値、金属市況や米テスラ向け事業の先行きを懸念

[東京 9日 ロイター] - 住友金属鉱山が年初来安値を更新した。同社は8日、2018年4─9月期の中間期の連結業績予想(IFRS)を上方修正したと発表した。純利益予想は従来の470億円から510億円(前年同期比59.0%増)に増額した。銅価格などが想定を上回って推移した。ただ米中貿易戦争の警戒が続く中、商品相場が下落した場合の業績への影響を不安視する向きもある。米テスラの電気自動車向け材料の生産動向に対する慎重な見方も株価の重しとなっているようだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below