for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:信越化は大幅続落、3%超安 決算発表後の利益確定売り

[東京 29日 ロイター] - 信越化学工業は大幅続落、3%超安での推移となっている。同社は28日に2021年3月期第2・四半期(20年4月─9月)の連結営業利益が前年同期比13.6%減の1820億円になる見通しだと発表した。通期の業績予想は見送り、第2・四半期(累計)の連結業績予想のみ公表した。

市場では「4─6月期は低調となったものの、半導体材料の需要は今後拡大すると見込まれている。決算内容もそこまでネガティブではない。直近の株価はコロナ前の水準まで戻っていたため、利益確定売りが強まったのだろう」(国内証券)との声が出ていた。

2020年4─6月期の営業利益は前年同期比15.4%減の909億円。分野別でも、塩ビ・化成品や半導体シリコンをはじめすべてのセグメントで減益となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up