for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:信越化学はマイナス圏、22年3月期は増益予想

[東京 28日 ロイター] - 信越化学工業は、2022年3月期の連結営業利益が前年比23.7%増の4850億円になりそうだと27日に発表したが、売りが優勢となっている。市場では「良好な内容といえるが、ハイテク株が総じて弱く、逆風となっている」(国内信託)との声が聞かれた。

IBESがまとめたアナリスト20人のコンセンサス予想では、22年3月期通期の連結営業利益の平均値は4800億円で、会社予想はこれを上回った。年間配当予想は1株あたり300円と50円の増配を予想。7期連続の増配となる。中間・期末ともに150円を予想する。

主要国での住宅不足やインフラへの財政投資で塩ビ樹脂への需要が今後も伸びるほか、継続する半導体デバイス需要の拡大に適時対応するとしている。収益を伸ばすことで自己資本利益率(ROE)や投下資本利益率(ROIC)の向上を図るという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up