for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:国際帝石など石油関連がしっかり、原油価格30ドル回復を材料視

[東京 18日 ロイター] -

国際石油開発帝石、出光興産、JXTGホールディングスなど石油関連株が総じてしっかり。午前9時15分現在、東証33業種で工業、石油・石炭製品が値上がり第1位、第2位を占めている。原油価格が1バレル=30ドル台を回復してきたことが材料視された。

15日の取引で米原油先物が約7%上昇。新型コロナウイルス流行に伴い実施されていたロックダウン(都市封鎖)措置緩和の動きが世界的に広がる中、原油需要は回復の兆しを示した格好だ。米WTI先物は時間外取引で1バレル=30ドル台で推移している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up