for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:大手海運3社が総じて軟調、郵船は高値から30%の下落率に

[東京 4日 ロイター] -

日本郵船、商船三井、川崎汽船の大手海運3社が総じて軟調。相場全体は切り返して始まったものの、これまで需給面で下支え要因になっていた配当権利取りがなくなり、厳しい動きが続いている。日本郵船は9月27日に付けた年初来高値1万1300円からの下げ率は30%を超え、調整色を一段と深めた。

海運市況の上昇が続き、なおも収益向上期待は大きいものの「信用取引で買った個人投資家に追い証が発生している。需給が悪化しており、当面は調整が続くのではないか」(国内証券)という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up