for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:安川電が続落、好決算でも材料出尽くし

[東京 12日 ロイター] - 安川電機が続落、一時は3%を超す下げとなり、今年5月以来の安値圏での推移となっている。同社は前週末8日に今期2回目となる業績予想の上方修正を発表したが、市場では好材料出尽くしと捉えられ、きょうも売りが先行する展開となっている。

市場では「投資家の目線は厳しく、2回目の上方修正はあっても3回目はないとみるなど好材料出尽くしと捉えられている」(国内証券)との声が聞かれる。東証1部市場の軟調な値動きに加え、同業のファナックが反落となっていることも重しとなっているという。

安川電機は8日、2022年2月期の連結営業利益(国際会計基準)の見通しを580億円とし、従来計画の540億円から上方修正した。自動車や半導体、電子部品市場の拡大などを背景に中国を含む上期の海外売上高が前年比4割近い伸びを示し、業績を押し上げた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up