January 10, 2020 / 12:41 AM / 8 days ago

ホットストック:安川電は一時マイナス転換、第4・四半期以降の業績回復に期待も

[東京 10日 ロイター] - 安川電機は続伸スタート後に上げ幅を縮小し、一時マイナス転換した。

9日に発表した2019年3─11月の連結営業利益は前年同期に比べて約6割減だったが、第4・四半期以降の業績回復期待で買われたもよう。市場からは「今期に比べると来期は良くなりそうで、次のガイダンスへの期待も出やすい」(国内証券)との声が出ていた。

ただ、買いの勢いは続かず、上げ幅を縮小した。野村証券は9日付レポートで、安川電の第3・四半期決算の印象について「ややネガティブ」としている。製造業の事業環境は好調な電機業界、不調な自動車業界が確認されており、「先行投資期間にあるロボット事業の今後の利益率改善が懸念される」という。

安川電が9日発表した2019年3─11月の連結営業利益は前年同期比59.7%減の167億9200万円だった。長引く米中貿易摩擦を受けて中国の景気が減速し売上高が減少、利益が圧迫された。一方で、第4・四半期の序盤に当たる12月以降は想定を上回る受注が来ているといい、同社は「春節明けから(売り上げが)上がってくることに期待したい」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below