December 18, 2019 / 12:07 AM / a month ago

ホットストック:富士フイルムは続伸、日立の画像診断機器事業を買収検討

[東京 18日 ロイター] - 富士フイルムホールディングスは続伸。17日、日立製作所の画像診断機器事業の買収を検討していると伝わり、材料視されている。関係筋によると、買収額は約1700億円。市場からは「お互いに選択と集中を進めている中で、両社にとってメリットがありそうだ。富士フイルムは旧東芝メディカルシステムズの買収話が頓挫したので資金的に余裕もある。あとは買収額が妥当かどうかという評価になってくる」(国内証券)との声が出ていた。

日立も続伸し年初来高値を付けた。

先に報じた日経新聞によると、買収するのは、日立の子会社だった旧日立メディコが手掛けるMRIとコンピューター断層撮影装置(CT)、さらにその子会社が強みを持っていた超音波診断装置を中心とした画像診断機器事業。2020年夏の買収完了を目指す。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below