January 31, 2020 / 12:39 AM / 18 days ago

ホットストック:富士通は昨年来高値更新、好業績予想や自社株買いなど好感

[東京 31日 ロイター] - 富士通は大幅反発し昨年来高値を更新している。今期の業績見通しと配当予想を上方修正したことや、自社株買いの実施を公表したことなどが好感されている。

30日発表した2020年3月期の連結営業利益(IFRS)予想は前年比53.6%増の2000億円で、従来の1600億円を400億円上回る。システム構築や運用などを手掛けるテクノロジーソリューション事業をはじめ、国内ビジネス全般が堅調なほか、採算性の改善を織り込んだ。

堅調な業績を背景に、20年3月期の期末配当予想を従来の80円から100円に引き上げた。中間配当金80円と合わせて年間配当金は180円となる見込み。

同社は合わせて自己保有株を除く発行済株式総数の2.71%にあたる550万株、取得総額500億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は2月3日から2021年2月2日。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below