February 1, 2018 / 12:28 AM / 6 months ago

ホットストック:島津製が急伸、長寿研とアルツハイマー病早期検査方法を開発と伝わる

[東京 1日 ロイター] - 島津製作所が急伸し、上場来高値を更新した。同社と国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などの研究チームが、アルツハイマー病の原因物質を微量の血液で早期に検査する方法を開発したと伝わっている。分析・計測機器や医用関連機器の事業強化につながると期待した買いが入った。

共同通信によると、アルツハイマー病の原因にはさまざまな説があるが、脳内にアミロイドベータというタンパク質が異常に蓄積することが原因の一つとされており、蓄積がある人は将来発症する危険性が高くなると考えられている。蓄積の有無を調べるには費用が高額であることや、患者の負担が大きいことが課題だったが、診断が安価で簡単になるとしており、研究チームは英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below