January 24, 2020 / 12:30 AM / a month ago

ホットストック:日本電産が高寄り後に下落、通期見通しを下方修正

[東京 24日 ロイター] - 日本電産が高寄りした後、下落している。23日に2020年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比7.8%増の1400億円(従来予想は1500億円)に下方修正したと発表。業績底打ち期待から寄り付きは買いを誘ったが、その後は売りに押されている。

決算発表後に会見した永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)は、米中貿易摩擦には「そんなに簡単に収束しない」との見方を示ししたものの、「業績の底打ち感ははっきりしたのではないか」と述べた。どのような回復軌道になるかが分かるには少し時間かかる見通しだがEV関連の分野は広がりが出てきているとし、「事業の方向性ははっきり見えてきた」という。

市場では「下方修正する可能性が高いとみられていただけに、悪い数値は織り込み済み。むしろ、会社側から底打ちが示唆されたことで、ここからは回復を織り込む場面になりそうだ」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との声が聞かれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below