November 20, 2018 / 1:35 AM / 6 months ago

ホットストック:日産自は下げ渋り、新経営体制に期待の声も

[東京 20日 ロイター] - 日産自動車は下げ渋り。東京地検特捜部がカルロス・ゴーン会長を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕したことを受け、同社株は前日比で一時6%を超す下げとなったが、売り一巡後は押し目買いが入っている。

KHアセットアドバイザー、チーフストラテジストの中島肇氏は「今回の件は企業業績に対する直接的な問題ではない。今後の自動車販売への影響についても、日産ファンは多く、すぐに他社に移るとも思えない」と指摘。「むしろ新しいトップの下で求心力が高まれば、長期的にみてプラスの影響を与えることも期待できる。日産自の株価が意外と底堅いのは、そうした見方を反映してのことではないか」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below