for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:昭和電工が反発、鉛蓄電池事業を売却方針と報道

[東京 8日 ロイター] - 昭和電工が反発している。鉛蓄電池事業を600億円で売却するとの一部報道が伝わり、好感する動きが先行した。日本経済新聞電子版で8日、投資ファンドのアドバンテッジパートナーズと東京センチュリーに年内にも売却する方針を固めたと報じられた。

昭和電工は同日、この報道を受けて、同社による発表ではないとし「本日開催の取締役会に付議し、決定し次第速やかに開示する」とのコメントを発表した。

売却額は負債を含めて約600億円で、注力する半導体素材との相乗効果が薄い鉛蓄電池を手放して旧日立化成の買収で悪化した財務の改善とともに、成長投資に軸足を移すとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up