for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:昭和電工が急落、野村が目標株価引き下げ 黒鉛電極の需給悪化見込む

[東京 4日 ロイター] - 昭和電工が急落。東海カーボン、日本カーボンも下げがきつく、いずれも東証1部銘柄の値下がり率上位に入っている。野村証券は3日付のリポートで、昭和電工のレーティングを「バイ(買い)」から「ニュートラル(中立)」に引き下げるとともに、目標株価を前回の6700円から4700円に減額した。中期的に強気としていた黒鉛電極について、原料不足の解消などにより19年12月期から世界的に需給が悪化するとの見方に変更した。黒鉛電極を手掛ける他社に対しても売り圧力が強まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up