January 24, 2020 / 12:57 AM / a month ago

ホットストック:昭和飛は急反発、ベイン系によるTOBを材料視

[東京 24日 ロイター] - 昭和飛行機工業は急反発。一時7%超上昇し、午前9時49分現在、東証2部で値上がり率3位となっている。ベインキャピタル系のビーシーピーイー・プラネット・ケイマンが23日、昭和飛に対し株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表したことが材料視されている。TOB価格は1株2129円。昭和飛行機はTOBに賛同意見を表明しており、TOB成立を条件に1株あたり631円の特別配当を行う予定という。

昭和飛の親会社三井E&Sホールディングスは、間接保有分も含めて応募する意向を示している。株式の売却と配当の受け取りなどで計約589億円を調達。財務基盤を強化する。三井E&Sの株価も3%超上昇している。

市場からは「三井は経営再建に向けて資金が必要だったし、昭和飛も資産を持っていることでしか評価されていなかった。いい選択なのではないか」(国内証券)との声が出ていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below