March 27, 2020 / 3:42 AM / 7 days ago

ホットストック:東芝機は後場下げ幅拡大、買収防衛策の発動可決を材料視

[東京 27日 ロイター] - 東芝機械は後場、下げ幅を拡大している。前引け直前、同社が同日開催した臨時株主総会で、旧村上ファンド系投資会社に対する買収防衛策の発動を可決したと発表し、材料視されている。

旧村上ファンド系投資会社の子会社、シティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)が1月21日から東芝機械に対する株式公開買い付け(TOB)を行い、東芝機械は買収防衛策を打ち出していた。買収防衛策は他の株主に新株予約権を無償で割り当てられるようにするもので、旧村上ファンド系の保有株比率を引き下げることができる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below