for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:海運株が軟調、新型肺炎の影響で市況悪化

[東京 10日 ロイター] - 日本郵船、商船三井、川崎汽船など安い。海運株は東証33業種で一時値下がり率トップとなっている。新型肺炎の影響などで市場が悪化していることが嫌気されている。

7日時点のバルチック海運指数は前日比3.7%(16ポイント)安の415ポイント。2019年9月4日につけた直近高値2518ポイントから80%超低下し、16年4月以来の低水準となっている。市場からは「新型肺炎の影響で中国に向けた運搬がなくなってきた。火災の影響でオーストラリアからも鉄鉱石などを出荷できないようだ。中国で新型肺炎の話がくすぶり続ける限り市況は上向かない。日本の海運会社も来期以降の業績が懸念される」(国内証券)との声が出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up