for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:石油関連株は軟調、原油相場の過熱感で利益確定売り

[東京 19日 ロイター] - 石油関連株は軟調。鉱業、石油・石炭製品は東証33業種の値下がり率上位となっているほか、個別ではINPEX、石油資源開発、ENEOSホールディングス、出光興産が大幅安。

市場では「急騰していた原油価格が高止まりとなっていることから、今後スピード調整入りするとの見方が優勢となっている」(国内証券)との声が聞かれる。原油高に一服感が出ているため、石油株の利益確定売りが加速しているという。

現時点での米国産標準油種WTIの中心限月11月物の清算値は、1バレル=82.45ドルと横ばい圏。前日には2014年10月以来7年ぶりの高値を付けた。テクニカル的には75日移動平均線の上方乖離率が一時15%を超え、過熱感が意識されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up