for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:西松屋チェはプラス圏、2021年2月期業績予想を好感

[東京 2日 ロイター] - 西松屋チェーンは反発スタート後、プラス圏とマイナス圏を行き来する展開となっている。午前10時00分現在1.8%高。1日に発表された2021年2月期の業績予想を好感している。

市場からは「決算の数字で買い上がるのは難しいものの、改めて売るほどでもない。 直近の業績は新型コロナの影響で下がっていたが、今期は増益を見込んでいる。コロナの影響がやや心配だが、今は業績予想をそのまま好感しているのではないか」(国内証券)との声が出ていた。

1日発表の単独決算によると、20年2月期の売上高は前年比3.5%増の1429億円、営業利益が同47.0%減の19億円となった。天候不順や暖冬などで衣料品の売り上げが伸び悩み、値下げロス額が増加したことが響いた。

一方、21年2月期の売上高は4.9%増の1500億円、営業利益は同2.4倍の47億円を見込む。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up