for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:資生堂は9%超安、20年12月期の連結営業損益はゼロの見通し

[東京 7日 ロイター] - 資生堂は大幅続落し9%超安での推移となっている。6日、2020年12月期の連結営業損益がゼロ(前年同期は1138億円の黒字)になる見通しだと発表したことが嫌気されている。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や百貨店などの店舗閉鎖の影響を受け、売り上げが大幅に落ち込んでいる。年間配当は20円減配の40円。中間配当を前期実績の30円から10円減額して20円、期末配当予想も10円減額して20円とする。

魚谷雅彦社長は会見で「大変厳しい経営状況だ」とし、役員報酬の一部返上を含む販管費の抑制・削減、設備投資の見直し、遊休資産の売却などの緊急対応を行うとした。

1-6月期の連結業績は、売上高が前年同期比26%減の4178億円、営業損益が34億円の赤字(前年同期は689億円の黒字)、最終損益が213億円の赤字(同524億円の黒字)だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up