March 10, 2020 / 12:22 AM / 22 days ago

ホットストック:輸出関連株が続落歩調、中東系ファンドの換金売り恐れる声も

[東京 10日 ロイター] -

トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、ソニーなど主力輸出関連株の売りが止まらず、軒並み続落歩調で始まった。ソニーは昨年8月20日以来の6000円台割れとなった。原油急落に伴い、オイルマネーと言われる中東系ファンドの換金売りを恐れる声も出ている。

引き続きリスクオフの流れから、これまで海外機関投資家の買いを集めてきたこのグループに、実需売りとみられる売りが出ている。

市場では「過去の原油急落後には、中東系ファンドの換金売りで日本の主力株は崩れた経緯があり、その連想も働いているようだ」(国内証券)との指摘もあった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below