for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:運輸株が上昇、原油価格急落によるメリットも材料視

[東京 19日 ロイター] - 運輸株の上昇が目立つ。午後1時10分現在、東証33業種の値上がり率ランキングで、陸運業が第1位、空運業が第3位となっている。個別では、JR東日本、日本通運、日本郵船、日本航空などが高い。外出控えによる収益悪化懸念から陸海空を問わず大きな値幅調整を余儀なくされていたが、その反動と、原油価格急落によるメリットも材料視されている。

市場では「これまでマイナス面ばかりみていたのが、原油安というプラス材料を市場が評価し始めたことが見逃せない。指数の波乱が続く中で、投資家が徐々に冷静さを取り戻していることを表しているようだ」(国内証券)との声が出ている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up