November 19, 2018 / 12:23 AM / a month ago

ホットストック:銀行株が弱含み、日米で長期金利が低下傾向

[東京 19日 ロイター] - 銀行株が弱含みの展開となっている。日米で長期金利が低下傾向となっており、利ザヤの縮小懸念が強まっている。

前週末16日の海外市場では、米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいているとの見方を示し、現在の引き締めサイクルが近く終了する可能性が示唆されたことで、米国債利回りが低下。10年債、30年債の利回りが2週間ぶりの水準に低下した。

日本でも16日に10年最長期国債利回り(長期金利)が一時0.100%と8月31日以来約3カ月ぶりの水準に低下。19日はまだ出会いがみられないが、国債先物中心限月12月限は一時151円01銭に上昇し、中心限月の日中取引ベースで7月6日以来約4カ月半ぶりの水準を付けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below