for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:関西銘柄が強含み、大阪万博の開催決定を材料視

[東京 26日 ロイター] - 2025年の国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決定したことを受け、関西銘柄の一角が強含みで推移している。

JR西日本、京阪ホールディングス、南海電気鉄道、阪急阪神ホールディングスが上昇。人工島「夢洲」など湾岸地域の開発が進むとの思惑から、桜島埠頭、杉村倉庫、上組、山九が買い気配で始まった。

銭高組、奥村組、浅沼組など関西を地盤とするゼネコン各社や、きんでんなどにもインフラ需要の増加に期待した買いが入っている。大阪での万博開催は1970年以来55年ぶり2回目となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up