May 28, 2018 / 12:10 AM / a month ago

ホットストック:防衛関連株が売り先行、米朝首脳会談に向けた協議が継続

[東京 28日 ロイター] - 石川製作所や豊和工業が売り先行。防衛関連に位置づけられる銘柄群に売り注文が集まっている。トランプ米大統領が26日、米朝首脳会談開催を引き続き目指す考えを示したほか、27日には、米朝首脳会談の開催に向けて協議するため、米国の当局者らが北朝鮮に到着したとツイッターで明らかにしたことで、前週末に高まった地政学リスクの緩和が意識されている。細谷火工も売り気配、興研、日本アビオニクスは反落となっている。

前週末は6月12日にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談について、トランプ米大統領が中止すると北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に通告したと伝わり、地政学リスクの高まりが警戒されて買いが優勢となっていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below