Reuters logo
ホットストック:7&iHDが反落、3―5月期は構造改革費用計上で純減益
2017年7月7日 / 00:16 / 4ヶ月後

ホットストック:7&iHDが反落、3―5月期は構造改革費用計上で純減益

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスが反落して始まった。6日、2017年3―5月期の連結営業利益が前年同期比3.3%増の841億円になったと発表した。第1・四半期としては過去最高となる。一方、当期利益は、百貨店2店舗譲渡に伴う事業構造改革費用などを含む特別損失を276億円計上したため、22.1%の減益となった。期初計画から織り込み済みとされているが、利益に関して市場の高い期待値をやや下回っての着地となったことを受け、売りが優勢となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below