October 11, 2019 / 1:21 AM / 13 days ago

ホットストック:7&iHDは大幅続伸、事業構造改革を好感

[東京 11日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスは大幅続伸。10日発表した事業構造改革が好感されている。国内コンビニで今後1000店舗の閉鎖・移転を実施。さらに2022年度までに自然減を含め、そごう・西武1300人、イトーヨーカ堂で1700人の計3000人の削減に踏み切る。

同時に発表した2020年2月期の連結業績予想は、純利益が前年比3.4%増の2100億円を見込んでいる。

19年2月期の連結決算は、純利益が前年比9.2%増の1106億円だった。セグメント別では国内コンビニ、海外コンビニ事業が好調だった。ビジネスモデルの見直しが奏功したという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below