for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:Jフロントは10%超高、赤字幅の縮小で期待感

[東京 13日 ロイター] - J.フロント リテイリングは大幅反発し10%超高での推移となっている。午前10時現在、東証1部の値上がり率第3位。12日に発表した2021年3─8月期決算で、最終損益が19億円の赤字(前年は163億円の赤字)と前年比で赤字幅が大幅縮小したことが好感されている。通期の業績予想で最終利益は10億円を見込み、従来予想を据え置いた。

売上収益は1573億円(前年同期比6.7%増)、営業損益は13億円の赤字(同206億円の赤字)だった。売上収益は前年の緊急事態宣言に伴う臨時休業の反動から前年同期比で増収となったほか、営業損益は前年に減損損失を計上した反動で赤字幅が縮小した。

百貨店株は、三越伊勢丹ホールディングス、エイチ・ツー・オー リテイリング、丸井グループなども総じてしっかり。市場からは「新型コロナウイルスの新規感染者の減少、ワクチンの普及、飲み薬への期待で、業績は去年の時点で既に底を打ったとの見方が優勢。今後が期待されている」(国内証券)との声が聞かれる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up