September 27, 2019 / 12:08 AM / in 18 days

ホットストック:JDIは売り気配、中国ファンドが支援取りやめ

[東京 27日 ロイター] - ジャパンディスプレイは売り気配。同社に金融支援を行う予定だった中国のファンド、ハーベストテック・インベスト・マネジメントから、出資を取りやめると通知があり、経営再建に伴う資金繰りに対する懸念が出ている。市場からは「存続が危うくなる状況で、かなりネガティブ。ここまでこぎつけるのに紆余曲折あったことを考えれば、新しいスポンサー探しも難航する可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。

同社が26日夜、明らかにした。ガバナンスへの考え方で重要な見解の不一致があったという。

JDIはハーベストと、香港のヘッジファンド・オアシスマネジメントから合計800億円の出資を受ける予定だった。オアシスマネジメントの出資予定に変更はないとしているが、ハーベストからの出資が受けられず、他の投資家からの出資も受けられなかった場合、事業継続が困難になる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below