for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:OLCは4%超高、今期の営業赤字幅縮小を好感

[東京 31日 ロイター] - オリエンタルランドは続伸し4%超高での推移となっている。今期の営業赤字縮小の予想を好感した。市場では「オリエンタルランド株はアフターコロナの代表格として以前から人気化している」(国内証券)との声が聞かれる。

同社は28日、2022年3月期の連結営業損益予想を76億円の赤字(前期は459億円の赤字)とし、前回予想の242億円の赤字から上方修正した。IBESがまとめたアナリスト13人のコンセンサス予想の平均値は576億円の赤字だった。

昨年12月以降に入園者数の引き上げを想定していたが、10月25日から段階的に引き上げたため、入園者数が計画を上回った。1人当たりの売上高も商品販売収入を中心に好調に推移し、直近の10―12月期のテーマパーク事業売上高や利益は、予想を上回った。

同社の株価は昨年12月16日に上場来高値(2万0460円)を更新しており「昨年末に乗り遅れた個人投資家も買い入れたとみている」(国内証券)という。

新型コロナウイルス感染症の影響により、千葉県では1月21日からまん延防止等重点措置が適用となったため、2月13日までは入園者数制限を設ける。1―3月期は前回発表時の予想を下回る見通しという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up