January 18, 2018 / 7:46 PM / a month ago

ユーロ圏改革、共通認識を6月までに取りまとめ=仏財務相

[パリ 18日 ロイター] - フランスのルメール経済・財務相は18日、仏独両国は税制統合や銀行同盟などを含むユーロ圏改革を巡る共通の認識を3月から6月までの間に取りまとめたい意向であることを明らかにした。

ルメール財務相はドイツのアルトマイヤー官房長官兼財務相代行とパリで会談。会談後、仏独が共通の立場を表明すれば他のユーロ加盟国も賛同する公算があると指摘、銀行同盟、資本市場統合、ドイツとの税制統合の3点について「3月から6月までの間に最終的な共通認識をとりまとめたい」と述べた。

仏独財務相は22日にイタリアとスペインの財務相を交えユーロ圏の統合深化について協議する。

ルメール経済・財務相はまた、3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で仏独両国が仮想通貨ビットコインの規制を巡る提案を行なうことも明らかにした。

同財務相は「仏独両国はビットコインを巡るリスクの分析、および規制を巡る案を3月のG20首脳会議に共同提案として提出する」と表明。アルトマイヤー氏は「われわれには国民に対する説明責任のほか、リスクを低減する責任がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below