February 5, 2018 / 4:40 PM / 13 days ago

ユーロ圏物価安定、外為相場が阻害要因として浮上=ECB総裁

[フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は5日、ECBはユーロ圏のインフレ率を目標に引き上げることに一段の確信を深めているが、外国為替市場のボラティリティーという新たな阻害要因に直面しているとの認識も示した。

ドラギ総裁は欧州議会で、「このところの為替相場のボラティリティーに起因する新たな向かい風が発生した。このことは物価安定に対する中期見通しを緊密に注視する必要があることを示している」と述べた。

また、ユーロ圏経済は堅調に拡大していると指摘。成長率はこれまでの予想を上回るとし、景気拡大の裾野は幅広くなっているとの認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below