for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=イタリア国債利回り上昇、政局懸念で

    [ロンドン 14日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                         
 米東部時間11時                                         
 50分                                       
 *先物          清算値  前日比   前営業日  コード
                                      終盤  
 3カ月物ユーロ  100.55    0.00     100.55         
 独連邦債2年物  112.32   +0.05     112.27          
 独連邦債5年物  135.32   +0.23     135.09          
 独連邦債10年  177.84   +0.48     177.36          
 物                                         
 独連邦債30年  224.90   +1.22     223.68          
 物                                         
 *現物利回り    現在値  前日比   前営業日  コード
                                      終盤  
 独連邦債2年物  -0.724  -0.024     -0.702            
 独連邦債5年物  -0.737  -0.031     -0.725            
 独連邦債10年  -0.549  -0.024     -0.554             
 物                                         
 独連邦債30年  -0.146  -0.021     -0.126             
 物                                         
 

    ユーロ圏金融・債券市場で、イタリアとドイツの国債利回り格差が
7週間ぶり水準に拡大。イタリアの政局を巡る懸念が高まっている。
    レンツィ元首相は13日、連立政権からの離脱を表明。同氏が党首
を務める「イタリア・ビバ」出身の閣僚らが辞任したことを受けて連立
与党は議会の過半数を失い、新型コロナウイルス感染再拡大への対応を
迫られる中で、政局は不透明感が一段と高まっている。
    アナリストは、コンテ首相が総選挙前倒しを回避するとみられるが
、短期的に政治的な不透明感が続くと指摘。
    INGの金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は「イタリ
アの政治危機は、昨年春以来のイタリア国債上昇の糸を断ち切る。政治
的な不確実性が残れば、今後数週間でさらに利回りが上昇(価格は下落
)する可能性がある」と述べた。一方で、早期選挙は予想されておらず
、欧州中央銀行(ECB)の買い入れプログラムで大きな変動は抑えら
れるとも予想した。
    イタリア国債利回りは4─6ベーシスポイント(bp)上昇し、1
0年債利回りは6bp上昇の0.62%。ドイツ10年債
との利回り格差は終盤の取引で116.4bp。一時は
118.4bpに拡大した。
    またイタリアは14日に92億5000万ユーロの国債入札を実施
し、利回りにさらに上昇圧力がかかった。
    前日に昨年9月以来の5.2%低下となったドイツ10年債利回り
は、この日も3bp低下のマイナス0.55%と1週間ぶ
りの低水準。
    ECBがこの日公表した昨年12月の理事会の議事要旨で、貸出条
件付き長期資金供給オペ(TLTRO)の銀行の借入枠引き上げを巡り
、レーン専務理事兼チーフエコノミストの提案に一部メンバーが反対し
、引き上げ幅が縮小されていたことが分かった。
    政策変更を巡り理事会メンバー間で意見が分かれることはしばしば
見られるが、通常は会合前に意見の相違が解消されるため、チーフエコ
ノミストの提案が変更されるのはまれ。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up