November 8, 2018 / 5:54 PM / 12 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=イタリア国債利回り上昇、欧州委が見通し引き下げ

    [ロンドン 8日 ロイター] -        
 <金利・債券>                                                              
 米東部時間12時18                                                            
 分                                                           
 *先物            清算値  前日比  前営業日終  コード                        
                                           盤                 
 3カ月物ユーロ    100.32    0.00      100.32                         
 独連邦債2年物    111.91    0.00      111.91                          
 独連邦債5年物    131.16   -0.03      131.19                          
 独連邦債10年物  159.37   -0.13      159.50                          
 独連邦債30年物  174.58   -0.28      174.86                          
 *現物利回り      現在値  前日比  前営業日終  コード                        
                                           盤                 
 独連邦債2年物    -0.582  +0.002      -0.584                               
 独連邦債5年物    -0.140  +0.009      -0.149                               
 独連邦債10年物   0.457  +0.012       0.445                                
 独連邦債30年物   1.086  +0.008       1.078                                
                                                                             
    
    ユーロ圏金融・債券市場ではイタリア国債利回りが上昇した。欧州連合(EU)の執
行機関である欧州委員会がイタリアの成長見通しを引き下げたほか、財政赤字は拡大する
との見通しを示したことで売りが触発された。    
    イタリア10年債利回りは6ベーシスポイント(bp)上昇の3.39%となり、独
10年債との利回り格差は293bpに拡大した。   
    イタリア連立政権を構成する「同盟」と「五つ星運動」が対立していることも利回り
の上昇要因になっていた。両党は公訴時効の延長の是非を巡り対立。「五つ星運動」を率
いるディマイオ副首相は公訴時効に関して合意できなければ連立は崩壊すると述べていた
が、その後、「同盟」の幹部が両党は合意に達したことを明らかにしている。   
    欧州委はイタリアの経済成長率について、2019年は1.2%、20年は1.3%
との予想を示した。ともにイタリア政府の見通しの1.5%と1.6%を下回る。    
    ナティクシスの金利ストラテジスト、ジャン・クリストフ・マチャド氏は「欧州委が
示した見通しを受け市場に懸念が広がったが、朝方からイタリア国債はアンダーパフォー
ムしており、こうしたトレンドは継続している」と指摘。こうしたなかでも「スペインと
ポルトガル国債が底堅く推移しているのは前向きな動きといえる」と述べた。
    欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はこの日、ユーロ圏経済の拡大は継続するとの
見通しを示しながらも、通商をめぐる緊張の高まりや資産価格の上昇などを含むリスクは
増大しているとの見方も示した。
    ユーロ圏ではこの日、アイルランドが7億5000万ユーロの5年債と10年債を発
行したほか、スペインが総額40億ユーロの国債を発行。フランスも88億7000万ユ
ーロの国債を発行した。    
    国債発行が相次ぐなか、ユーロ圏国債の利回りははおおむね上昇。終盤の取引で独1
0年債利回りは1bp上昇の0.46%と、この日に付けた2週間ぶりの高
水準を若干下回る水準で推移している。    
    前日の取引では米中間選挙の結果を受けリスク選好度が上昇していたが、この日は米
連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表を控えリスク選好
は後退。米経済指標に大きな変調が見られないなか、FRBは12月の次回会合で利上げ
を決定し、来年も利上げを継続していくと見られている。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below