July 22, 2020 / 5:20 PM / 13 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=イタリア国債利回り低下、復興基金合意引き続き好感

    [ロンドン 22日 ロイター] -    
 <金利・債券>                                                
 米東部時間12時48                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.45     0.00      100.45         
 独連邦債2年物     112.12    +0.05      112.07          
 独連邦債5年物     135.03    +0.21      134.82          
 独連邦債10年物   176.93    +0.56      176.37          
 独連邦債30年物   222.50    +1.96      220.54          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.688   -0.021      -0.663            
 独連邦債5年物     -0.691   -0.028      -0.661            
 独連邦債10年物   -0.489   -0.030      -0.461             
 独連邦債30年物   -0.061   -0.035      -0.025             
    
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、イタリア10年債利回りが1%に向けて低下した。前
日に欧州連合(EU)首脳が7500億ユーロの復興基金案で合意したことが引き続き支
援要因となっている。ただ米中間の緊張が再度高まっていることで、安全資産とされる独
連邦債など高格付け債券にも買いが入っている。
    イタリア10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)低下の1.09
6%と、4カ月半ぶりの低水準を付けた。2年債利回りはマイナス0.05%
に低下。同利回りは今週に入ってからマイナス圏を付けている。
    イタリア国債と独連邦債との利回り格差は3月下旬以来の低水準近辺にとどまってい
るほか、スペイン国債とポルトガル国債の独連邦債との格差も3月上旬の水準近辺にとど
まっている。  
    INGの金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は「米国の新型コロナウイル
ス感染急拡大を踏まえると、市場心理の大幅な改善は望めない」と指摘。英国のEU離脱
後の移行期間を巡る交渉を巡る懸念のほか、米国の次の新型ウイルス対策を巡る協議の行
方も、安全資産とされる国債の需要の高まりにつながっている。    
    この日はドイツが12億6000万ユーロの30年債を発行。30億ユーロを超える
需要があった。
    独10年債利回りは3bp低下のマイナス0.493%。仏10年債FR
10YT=RRやオランダ10年債などの他の格付けが高い国債の利回りも低下し
た。利回りは米国でも低下しており、米10年債利回りは12日ぶりの低水
準を付けている。 

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below