April 15, 2019 / 4:30 PM / 9 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=ギリシャ国債利回り過去最低に迫る、IMF融資早期返済の意向

    [ロンドン 15日 ロイター] -       
 <金利・債券>                                                
 米東部時間11時47                                              
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.31     0.00      100.31         
 独連邦債2年物     111.88     0.00      111.88          
 独連邦債5年物     132.69    +0.03      132.66          
 独連邦債10年物   164.66    +0.04      164.62          
 独連邦債30年物   186.30    -0.38      186.68          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.574   -0.005      -0.557            
 独連邦債5年物     -0.372   -0.002      -0.404            
 独連邦債10年物    0.057   -0.003       0.060             
 独連邦債30年物    0.718   +0.010       0.710             
    
    ユーロ圏金融・債券市場では、ギリシャ国債利回りが過去最低水準
に迫った。同国が国際通貨基金(IMF)融資を早期返済する意向であ
ることが明らかになった。
    関係筋はロイターに対し、ギリシャが約37億ユーロのIMF融資
を早期返済する許可を週内に欧州安定メカニズム(ESM)に対し求め
ることを明らかにした。コメルツ銀行の金利ストラテジスト、クリスト
フ・リーガー氏は「早期返済が実現すれば、金利負担が軽減する」と述
べた。    
    ギリシャ10年債利回りは3ベーシスポイント(bp
)低下の3.27と、2005年9月以来の低水準を付け、過去最低水
準の3.203%に迫った。5年債利回りは2.15%と、
13年ぶりの低水準を付けた。    
    関係筋はこのほかロイターに対し、返済資金の調達に向け6月終盤
に国債発行を計画していることも明らかにした。    
    ユーロ圏の他の大部分の10年債利回りは、前週発表の中国と欧州
の経済指標に改善が見られたことで3週間ぶりの水準に上昇。INGの
ベンジャミン・シュローダー氏は「前週発表の中国と欧州の経済指標が
予想外に良かったことで、マクロ関連の懸念が後退した。米中通商協議
も基調的に前向きで、さらに英国が欧州連合(EU)から合意がないま
ま離脱する公算は小さくなった」と述べた。
    終盤の取引で仏10年債利回りは約2bp上昇の0.
42%、スペイン10年債利回りは3bp上昇の1.08
%となっている。独10年債利回りは一時0.08%と、
3週間半ぶりの水準に上昇した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below