Reuters logo
ユーロ圏金融・債券市場=スペイン債売り小休止、カタルーニャ問題で中央政府が謝罪
2017年10月6日 / 16:37 / 15日前

ユーロ圏金融・債券市場=スペイン債売り小休止、カタルーニャ問題で中央政府が謝罪

    [ロンドン 6日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                             
 米東部時間12時6                                                            
 分                                                          
 *先物           清算値  前日比  前営業日終  コード                        
                                          盤                 
 3カ月物ユーロ   100.33    0.00      100.33                         
 独連邦債2年物   112.15   +0.01      112.14                          
 独連邦債5年物   131.18   -0.01      131.19                          
 独連邦債10年   161.16   -0.06      161.22                          
 物                                                          
 独連邦債30年   163.26   -0.06      163.32                          
 物                                                          
 *現物利回り     現在値  前日比  前営業日終  コード                        
                                          盤                 
 独連邦債2年物   -0.698  -0.007      -0.691                               
 独連邦債5年物   -0.261  +0.003      -0.264                               
 独連邦債10年    0.460  +0.002       0.458                                
 物                                                          
 独連邦債30年    1.249  +0.001       1.248                                
 物                                                          
                    
    ユーロ圏金融・債券市場では、一時急伸していたスペイン10年債利回りが上げ幅を
縮小。
    スペイン中央政府が同州で1日投開票された独立を問う住民投票で発生した警察隊の
妨害行動について謝罪したことを受け、スペイン資産売りが小康状態となった。ただ、同
日発表された米雇用統計が強弱入り混じる内容となったことで、債券利回りは世界的に上
昇した。
    カタルーニャ自治州の議会がこの日、同国憲法裁による差し止め命令を無視し、週明
け9日に本会議を召集し独立宣言に踏み切る構えを鮮明にしたことを受け、スペイン10
年債利回りは一時7ベーシスポイント(bp)上昇。ただ、警察隊が住民
投票を阻止するなどの妨害行動に出たことについて中央政府が謝罪したことで安心感が広
がり、スペイン債利回りは上げ幅を縮小し、他のユーロ圏債利回りに足並みをそろえる格
好となった。ただ、週足ではなお11bp上昇と、3カ月ぶりに大幅な上昇となる見通し
。
    9月の米雇用統計は、市場の増加予想に反し、非農業部門の就業者数が前月比3万3
000人減少した。雇用がマイナスになったのは2010年9月以来、7年ぶり。一方、
失業率は4.2%と、2001年2月以来の水準まで改善。賃金も前年比2.9%増と、
2016年12月以来の大幅なプラスとなった。
    ブルーベイ・アセット・マネジメントのクレジット戦略主任デイビッド・ライリー氏
は、雇用統計を受け米連邦準備理事会(FRB)が12月に利上げを実施する確率が高ま
ったと指摘。「失業率の低下に加え、賃金はここ数カ月で初めて顕著な上昇を示したこと
は注目に価する。市場の2018年米利上げ見通しも引き上げられる可能性がある」と語
った。
    同統計を受け、米2年債利回りは約9年ぶりの高水準をつけた。独10年
債利回りも4bp上昇の約0.50%と、1週間ぶりの高水準に迫った。
    その他のユーロ圏の10年債利回りは3-4bp上昇。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below