March 1, 2019 / 5:39 PM / 2 months ago

ユーロ圏金融・債券市場=ドイツ国債利回り一時0.2%台、世界経済巡る懸念後退

    [ロンドン 1日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                         
 米東部時間12時                                                         
 22分                                                     
 *先物          清算値  前日比   前営業日  コード                      
                                      終盤                
 3カ月物ユーロ  100.31    0.00     100.31                        
 独連邦債2年物  111.79   -0.03     111.82                         
 独連邦債5年物  132.67   -0.05     132.72                         
 独連邦債10年  165.22   -0.09     165.31                         
 物                                                       
 独連邦債30年  183.42   -0.62     184.04                         
 物                                                       
 *現物利回り    現在値  前日比   前営業日  コード                      
                                      終盤                
 独連邦債2年物  -0.522  +0.011     -0.533                              
 独連邦債5年物  -0.305  +0.006     -0.311                              
 独連邦債10年   0.184  +0.001      0.183  <DE10YT=TWEB  <0#DE10YT=TWEB
 物                                         >             >
 独連邦債30年   0.816  +0.010      0.806  <DE30YT=TWEB  <0#DE30YT=TWEB
 物                                         >             >
 

    ユーロ圏金融・債券市場では、ドイツ10年債利回りが一時0.2%台に乗せた。世
界経済を巡る懸念や政治的リスクが和らぐ中、利回りは週間で約1年ぶりの大幅な伸びと
なる勢い。
    ある市場関係者は「当初は欧州中心に悲観論が漂っていたが、ここにきて指標内容に
安定の動きが見られる」と指摘。購買担当者景気指数(PMI)などはさほど悪化してお
らず、政治的な動きも同様だと述べた。
    ドイツ10年債利回りは0.21%と約3週間ぶりの高水準を付けた。
週間では9ベーシスポイント(bp)上昇し、2018年2月以来の大幅な伸びとなる勢
い。2年債利回りとの格差は過去3週間で最大。ユーロ圏の期待
インフレ率の目安となる5年先5年物インフレスワップは1.5%に迫っ
た。
    前日発表された米国内総生産(GDP)が2.6%成長と予想を上回ったことで、景
気後退(リセッション)を巡る懸念が後退。中国の2月の製造業購買担当者景気指数 (
PMI)は引き続き判断の分かれ目となる50を割り込んだものの、前月からは改善した
。
    またブレグジット(英国の欧州連合離脱)を巡っても合意なき離脱は当面ないとの見
方が広がり、英国債利回りは大幅に上昇した。利回りは週間で15bp上昇し、2017
年9月以来の大幅な伸びとなる勢い。米10年債利回りは週間で約8bp上
昇。
    ある市場関係者は、ブレグジットの動きや欧州中央銀行(ECB)当局者の発言、米
指標などを例に挙げ「多くの材料から状況はそれほど悲観的ではなさそうだ」と話した。
    2月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は、前年同月比1.5%上昇と、前
月の1.4%上昇を上回った。コアインフレ率(エネルギー、未加工食品を除く)は1.
2%と前月から横ばい。市場予想は1.1%だった。
    S&Pによるギリシャ格付けの見直し発表を控え、10年債利回りは3
.64%と約1年ぶりの低水準を付けた。
    
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below