for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=伊債利回りの週間低下幅、19年以降で2番目の大きさに

    [13日 ロイター] - ユーロ圏金融・債券市場では、域内国債
利回りが上昇した。ただ週間ではイタリア債を中心に大幅に低下。利上
げ期待は根強いものの、経済見通しを巡る懸念が広がっているという。
    13日のイタリア10年債利回りは14bp上昇の2
.86%となったものの、週間の低下幅は29ベーシスポイント(bp
)と2019年8月以降で2番目の大きさとなった。
    独伊10年債の利回り格差は190bp。週初は2
05bp超と2020年5月以来の高水準を付けていた。
    みずほの金利ストラテジスト、ピーター・マッカラム氏は「主にポ
ジション調整によるもの」と指摘。欧州中央銀行(ECB)の資産買い
入れプログラム終了が見込まれる中で、イタリア債への投資を控える顧
客は依然多いと述べた。
    BofAの調査によると、投資家はイアリア債への投資に関して慎
重な姿勢を崩しておらず、「イタリア債を全く、またはもっと安くなる
まで買うつもりがない」という。
    短期金融市場が織り込む、ECBが年末までに実施する利上げ幅は
週初の95bpから81bp程度に低下。ただ、ECB理事会メンバー
のセンテノ・ポルトガル中銀総裁は13日、ECBは7月上旬に引き締
めサイクルを開始するとの見方を示した。
    ドイツ10年債利回りは上昇し0.96%。ただ週間
では18bp低下し、3月第1週以降で最大の低下となる見込み。
    アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)のニッ
ク・ヘイズ氏は、ドイツ債利回りはマイナス0.5%近辺から1%まで
上昇しており、一服してもおかしくはないとの見方を示した。
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時3                                           
 分                                           
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.40   +0.01     100.39         
 独連邦債2年物    110.53   -0.07     110.60          
 独連邦債5年物    127.78   -0.32     128.10          
 独連邦債10年    153.76   -1.00     154.76          
 物                                           
 独連邦債30年    169.78   -2.56     172.34          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物     0.107  +0.036      0.071            
 独連邦債5年物     0.600  +0.051      0.550            
 独連邦債10年     0.952  +0.074      0.881             
 物                                           
 独連邦債30年     1.131  +0.074      1.054             
 物                                           
 
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up