June 5, 2019 / 4:58 PM / 11 days ago

ユーロ圏金融・債券市場=伊債利回り一時上昇、EUが「財政規律違反」と判断

    [ロンドン/ミラノ 5日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                      
 米東部時間12時12分                                                  
 *先物                清算値   前日比   前営業日終  コード
                                                 盤  
 3カ月物ユーロ        100.34    +0.01       100.33         
 独連邦債2年物        112.10    +0.05       112.05          
 独連邦債5年物        134.00    +0.14       133.86          
 独連邦債10年物      168.68    +0.22       168.46          
 独連邦債30年物      198.76    +0.10       198.66          
 *現物利回り          現在値   前日比   前営業日終  コード
                                                 盤  
 独連邦債2年物        -0.666   -0.030       -0.641            
 独連邦債5年物        -0.607   -0.035       -0.569            
 独連邦債10年物      -0.226   -0.018       -0.207             
 独連邦債30年物       0.402   -0.003        0.408             
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、イタリア債利回りが一時上昇。欧州委員会が拡大する
イタリアの債務について、欧州連合(EU)の財政規則違反と判断し、是正手続き開始を
勧告。財政監視の厳格化につながる恐れがある。
    ただ、イタリアのコンテ首相が柔軟姿勢を示し、市場の関心が欧米金融政策に向かう
中、利回りはその後低下した。
    イタリア10年債利回りは一時2.631%に急伸。しかしコンテ首相
が今年の財政目標合意に向けEUと建設的な協議を望む考えを表明したことを受け、終盤
にかけ、前日比1ベーシスポイント(bp)低下の2.516%近辺で推移した。
    レッドバーンの金融アナリスト、ラッセル・クエルチ氏は、欧州委の発表は驚きでは
なかったものの、イタリア債と独債の利回り格差拡大には十分な材料になったと指摘。手
続き開始に向けた欧州委の最終勧告期限が8月1日であるため、「当面不透明感が漂う公
算が大きい」と述べた。
    米連邦準備理事会(FRB)による利下げや欧州中央銀行(ECB)の長期資金供給
オペ(TLTRO)への期待から、独10年債利回りは一時過去最低水準を
付けた。独15年債利回りも初めてマイナス圏に沈んだ。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below